洗顔ひとつでシワや弛みは変わってくる

洗顔こそシワやたるみの改善に効果あり

日頃から、保湿対策をていねいに行うことで、乾燥皺や弛みのないお膚でいられます。緩みや、小じわの目立たない皮膚をめざすためには、美肌にいい食べ物を意識して献立に盛込んだり、肌のアロママッサージをすることが効果的です。

季節によって紫外線の強さは変化するのですが、四季を通じて常に紫外線対策をするのがエイジング対策に効果的だと言われています。直射日光で皮ふを焼く行為は、何年か前までは焼き過ぎない範囲なら推奨されてきましたが、最近では強い紫外線を浴びることは肌を損ねるものと言われるようになりました。

UVに晒された膚は組織が破壊され、膚を傷つけ、しみやシワといった肌老化を招くので、避けたほうがいいとされています。膚にUVを受けてしまうと、それによって色素斑が起きたり、肌の水分が著しく失われます。

保湿ケアをしっかり行い、皮ふからなくなっていく潤いをお肌にたっぷり満たしてあげる事によって、紫外線から受けたダメージを抑える事が可能になります。クレンジング剤を使用して顔を洗うときには、メイクが洗い流しやすいように、皮膚の上にそっとメイク落としの泡を乗せていきます。

メイクオフ後の洗顔も同じく、ホイップ状にした泡を顏にそっと乗せ、ゴシゴシ擦ったりせず、泡を滑らせるように顏をなでながら洗い流していきます。温めのお湯でフェイスを滌ぐことも、洗顔では非常に重要なポイントになります。40度以上のお湯で洗顔すると、皮膚の1次バリア機能を担っている天然保湿因子まで洗い落としてしまうので要注意です。

微温湯洗顔が終わり済んだ直後、膚がまだ濡れているうちに化粧水をふんだんに使ってお肌になじむようにコットンなどで浸透させ、ティント乳液でふたをします。

強い紫外線の影響で乾燥に悩む皮ふでも、毎日の丁寧な洗顔と乾燥肌ケアを継続することで、素肌に必要なうるおいを補ってあげることが可能になります。

      2016/11/20

 - アンチエイジング

【147480】アヤナストライアルセット(ovl)